wordpressでemmetが使えるなんて

2017年3月27日

emmet

まさかあるとは思ってなかったのですが、とりあえず探してみると…
あるもんなんですね。

ホームページ(Webページ)を作るのって結構手間がかかって、例えば最初に
[html]<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Document</title>
</head>
<body>

</body>
</html>
[/html]
みたいな呪文を打ち込みます。
まあ、このあたりは定型文なのでコピペでやるんですが、その中に
[html]
<ul>
<li class="sample1"></li>
<li class="sample2"></li>
<li class="sample3"></li>
<li class="sample4"></li>
<li class="sample5"></li>
</ul>
[/html]
みたいなHTMLを打っていくんですね。

ホームページビルダーのようなビジュアルエディタでしたら、ボタン一つでこんなコードにしてくれるのですが、小回りが利かない部分が多くて、自分の場合はもっぱら手打ちです。

そんなHTMLのコード入力の手間を省いてくれるツールにemmetなるものがあります。

最初の
[html]
<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Document</title>
</head>
<body>

</body>
</html>
[/html]
なら
[text]
html:5
[/text]
と打ち込んで「tab」キーを押せば、自動で先ほどのコードに変換してくれるんです。
以前から仕事で使っているエディタに入れているんですが、非常に便利。

仕事で使っているエディタではそんな機能を入れているんですが、Wordpressで記事を書くときはそんなアシストは利きません。
ブログなので、それほどさっきのようなHTMLのタグを入れることは多くないですが、たまに入れたくなるHTMLのコードをフルで打ち込むのが面倒。

WordPressでemmetなんて使えないよねと、ダメもとで探して見てでてきたのが
wp emmetプラグイン
まさか、wordpressの記事投稿にemmetが使えるプラグインがあるなんて!

よくよく考えてみると、普通のブログ記事の中でそれほどHTMLを使うことは少ないので、それほど便利になるかというと疑問な点もありますが、HTMLを使いたいときに手軽に使えるという、気軽さが良いですね。