Bフレッツ ワイヤレスファミリータイプ説明会

2017年3月18日

 自分の自宅のネット環境はADSL。
 仕事場では光環境で快適なのですが、できれば自宅でも快適なネット環境になれば。
 自分の場合はADSLサービスが始まった直後に申し込みをして、NTTに「保障できませんよ」と散々脅かされながらも開通してもらって、それ以来1Mそこそこの帯域ながらそれなりの快適なネット環境でいるのですが近くの人の話を聞くと、もうすでにADSLの回線がなくてADLSにもできないという話を聞く。
 そんななか、本日市役所の方が地域学習センターに来てADSLに代わるインタネット通信の説明会が開かれたので出席。
 この地区に光を開通させるのはNTT側からすると採算が合わなくて、待っていると数10年かかるかもという。
 その代替として、固定無線アクセス方式FWAという広域無線LANならば、NTTとしても整備するというので、市役所の方が間に入って説明してくれた。
 ただ条件としては最低35回線確保できればとのこと。
 いろいろ質問等出たのだが、市役所のF田氏の丁寧な応答もあり、40人ほどの参加者のなか、30人近くの仮申し込み。
 その場だけではまだNTT側の条件35には足りないけれど、何とかクリアーできそうな感じ。
 おらが方でも、そのうちブロードバンドがやってくる、と思う。