家電リサイクル

2017年3月18日

 頃は年末。
 毎年大掃除、と言うほど家をきれいにできないのですが、せめてこれだけは年内に処理したいと思っていたのが、使えなくなってしまった洗濯機。
 以前から調子が悪く、脱水がほとんど利かなくなってしまっていたのですが、夏のうちはそれでも夕方までにはなんとか乾くと言うことで相方がだましだまし使っていた物です。
 でもアジト移転に際して、相方の実家の大家さんの洗濯機が一つ不要になったため、そちらをいただいて、今までの洗濯機は廃棄の方向に。
 と言っても新しく洗濯機を買ったわけでないので、そのまま販売店に引き取ってもらえるわけでなく、つぶれているのでリサイクルショップで買い取ってもらえるわけでもなく、そのうちなんとかしようねと庭先に置いていた物なのですが、さすがにそのまま年越しするのもいかがなものかと言うことで、処分する機会をうかがっていました。
 で、今日は休日でも粗大ゴミの受付を、環境資源ギ ャ ラ リ ーでしてくれるらしいと言うことで、トラックに洗濯機を乗せて環境資源ギ ャ ラ リ ーに。
 ところが結論から言うと、家電リサイクル法のためテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、エアコンはそのままでは環境資源ギ ャ ラ リ ーでは引き取れず、まず郵便局で郵便局で”家電リサイクル券”なる物を購入しそれを持って来ないといけないのだとか。
 それ以外には受け入れてくれる家電屋さんに持ち込む方法があるのだとか。
 なんで環境資源ギャラリーというゴミを扱うところで場所で、ワンストップで処理ができないの?とも思ったのだけれど、まあそういうものかと言うことで、この辺りでそういう物を受け入れてくれる家電屋さんはというと、河村電器さんでは受け入れてくれるのだとか。
 早速河村電器に伺って、洗濯機の処分してもらえます?と聞くと、うちで買った物ですかなど聞かれずに、しっかり洗濯機を受け取ってくれました。
 売りっぱなし、どうやらそういった他店からの家電リサイクルを受け付けなかったり、売るにもあまり専門知識無しで頼りにならない大型家電店が多い中、こういう店が近くにあるというのはありがたいと思った次第で。
 それにしても、あまり気に掛けていなかったのですが、家電リサイクル法というのは結構面倒な話なようで。
 本当はダメになった家電は、ちゃんと新品を家電屋さんで買って前のを引き取ってもらう、と言うのが一番簡単なことなのかなぁと思ってみたり。
 どうなんでしょうね。