ネイチャーフォト、最終回

2017年3月18日

 掛川城周辺ならここの里あすなろ周辺と行われた、掛川ライフスタイルデザインカレッジのネイチャーフォト講座も、昨日が最終日。
 今回はトレッキングとのコラボで、川根の方へ足を伸ばしての講座。
 朝7時に市役所に集合。
 車4台に乗り合わせ、一路川根に。
 川根には母の実家があるため、以前はたまに行くことがあったのだが、最近はとんとご無沙汰。
 久しぶりの川根路は、ずいぶん道も広くなって快適。
 けれど、川根本町の役場を越した辺りで目的地方面に行く道にはいると、道幅がぐっと狭くなり、曲がりくねる。
 山の方に来たな、という感じ。
 
 途中の休憩所。
 今ひとつ天気が良くなく、曇りがちなのだが、それがかえって山々を水墨画のように見せてくれる。
 ここでしばらく休憩&写真撮影した後、更に奥の方へ。
 ここから先は、道も未舗装。
 ガタガタ道を慎重に車を運転しながら更に進んで、今日の目的地、犬山段に到着。
 ここの標高は1404m。このごろ寒くなってきているものの、この辺りに来ると更に寒く、ほとんど真冬温度。
 しっかり着込んできて良かった。
 犬山段からトレッキングの目的地、標高差200mくらいの蕎麦粒山頂上に出発。

 残念ながら紅葉の見頃は過ぎ、裸の木々ばかりだけれど、山でしか見られないような景色。



 ゆっくりと、約一時間かけて、蕎麦粒山の頂上に。



 標高1627mの蕎麦粒山の山頂からの眺めは良し。
 天気が良ければ富士山から駿河湾まで眺望できるのだとか。
 トレッキングと言って、足の心配をしてテーピングの準備もしていたのだが、このくらいの行程ならば楽勝。
 しばらくここで休憩をしてから、帰途につく。
 往路路には曇りでほとんど日が差さなかったのだが、復路ではたまに日も差し、写真を撮る気が増す。







 帰り道は下り坂、40分くらいで出発地点まで。
 トレッキング講師の山村氏が作ってくれていた、豚汁とともに昼食。
 その後、山小屋の中で皆が写した写真データをPCに移し、レクチャータイム。
 電源のない場所でどれだけPCが持つか不安だったのだが、まあ、3時間くらいなら持つだろうと思っていたのだが、レクチャータイム早々にバッテリー切れ。
 念のため全データをメモリカードにも移しておいたので、それを2台目のPCに差し続行するも、まもなくそちらもバッテリー切れ。
 結局講師、小川氏のmacも使い、計3台のPCを使ったレクチャータイムもなんとか終了。
 やっぱり寒いところだと、バッテリーのもちも悪いわな。
 講義も終わって山小屋の外に出ると、今頃になって青空。