保育園のお別れかい

2017年3月18日

 掛川市が幼保一元特区となったことで、あちこちの幼稚園、保育園が統合されている。
 末息子のちびの通う保育園も、来春から周辺幼稚園、保育園と合併し、新しい幼保園となる。
 そのためいままでの保育園は無くなるわけで、今日がそのちょっと早いおわかれかい。
 ホールでの出し物、模擬喫茶や売店等々趣向を凝らした出し物があったのだが、一番感慨深かったのが写真コーナー。
 30年の歴史の保育園の、昔から今までの写真がずらり。
 長女がお世話になったときから数えると、ざっと(途中中断はあったものの)15年くらいかかわってきているというわけで半分くらいは懐かしい、見覚えがある写真。
 ホント、お世話になったものである。
 写真の中には、長女の頃から今でもお世話になっている保母さん(今では保育師さんというのかな)の写真も。
 初めて会ったときの懐かしい顔から、それから更に十うん年さかのぼって、記録されている先生も。
 みなさま、若くて初々しい(^^ゞ
 いや、今でもそうですが(^^;;;