夏休みにホームステイ体験、どうですか?

姉妹都市の米国NY州コーニング市で、ホームステイしてみませんか。 日本とは異なる文化や生きた英会話を体験し、グローバルな視野を広げましょう! ニューヨークやワシントンD.C.など魅力あふれる観光地での見学など盛りだくさんの 内容です。

掛川国際交流センターで、ホームステイの案内が出でていました。

市内在住または在学の高校生、一般15人が対象ですが、8月9日(水)~18日(金)の8泊10日【訪問先】コーニング市(ホームステイ5泊)、ニューヨーク市、ワシントンD.C.です。
参加料としては395,000円ですが、高校生に関しては市からの補助が100,000円出るので、295,000円になります。

アメリカ東海岸8泊10日の旅。
どのくらいの相場か解らなかったのでJTB
で調べてみると20万~40万円くらいのようです。
料金的にはそれほど安くはないですが、高校生の子どもだけで行かせるとなるとそれ以上の価値がありそう。

子どもには海外の体験をさせてあげたいとは思ってますが、一緒に行くとなると夫婦も同伴で3倍、片っぽでも2倍。
子どもだけで行かせる不安はありますが、これまでの実績を見てもNPO法人 掛川交際交流センターだけでなく掛川市としてバックアップしているでしょうから間違いないでしょう。
感じとしては、修学旅行に送り出すくらいのイメージです。

そして子どもに与えてやれる経験量としたら、修学旅行の比じゃないですね。
一週間くらいネイティブの英語を浴びられる。
しかもホームステイなので、ホント生の英語。
子どもが英語ができる、できないよりも、どうやってコミュニケーションをとるか考えられるとなると、英語がそれほど得意じゃない子の方が良い体験になりそう。
かわいい子には旅をさせろ、と言いますし。

そんなこと考えたら結構人気があるのかなと思いきや、米国コーニング市友好訪問団はじめ、ホームステイの募集は毎回大変なのだとか。
もったいないですね。

SNSでもご購読できます。