ホームページ、作成してからがますます大事に

株価評価・株価チャートの評価 - イラスト素材
(c) TAKUMI-CGイラスト素材 PIXTA

昨今のホームページを見ていると、新規に作られたホームページは自作されたものは少なく、専門業者がしっかり作ったものが多くなってきていると思います。 デザイン的にもSEO的にも、やはり自作でなくプロに作ってもらった方が有利。

ただ、きれいなサイトは増えたものの、逆に更新頻度が自作のものより落ちている傾向もあるような。 プロに作ってもらったホームページの場合、修正、追加などなかなか自分で手が出せず、業者に頼んでその都度料金が発生するため、なかなか更新できないといった事情があるのでしょう。

一昔前ならば、ホームページがあるところが少なかったため、作成しただけで更新をしなくてもある程度の訪問者が見込めたでしょう。 しかし、ブログなどの出現・流行によって、インターネット上の情報発信は、特別なスキルがなくても簡単にできるようになってきて、作成しただけのホームページが相対的に訪問されにくくなってきています。 実際飲食店さんなどでは、更新しにくいホームページよりも、ブログをまめに更新した方が効果がある、といった反応も聞いています。

作成したホームページで、その都度のお知らせや、実績の紹介をどのように、またなるべくコストをかけずにやっていくかが、これからのホームページにとって、ますます大事になっています。

今では、ブログのシステムを組み込んだホームページや、CMS(ホームページを簡単に管理できるシステム)なども、安価に利用できるようになってきました。 そういったものの活用も、考えて行く必要があると思います。