銘木逸品市場『キコラ』

2017年3月18日


 粟ヶ岳から倉真小学校の辺りを通りがかると、何かイベントの気配。
 忘れていました、倉真にて:「深」のめもで書いたキコラが昨日オープンしたとのことで、オープンイベントの最中だったようです。
 ついでといっては失礼ですが、ちょっと寄ってみることに。
 キコラの前にはテントが四張り。
 軽食が食べられるテントや、地元物品が買えるテント、子ども向けのテントなど。
 それを抜けてキコラ内に入ると、木板、木板、木板。
 左サイドにずらっと並べられた木版の列。
 木に対してほとんど知識のない自分にとっては、その違いが全く分からなかったのですが、ともかく木。
 銘木といわれるものが、これだけ種類があったというのは、ちょっとした発見です。
 館の中には、喫茶スペースにsoraCafeさんのケーキ、しばちゃん牧場のヨーグルトがあったり、陶器が展示されていたり、木のおもちゃがあったりで、銘木にあまり興味のない自分も、そこそこ楽しめたかも。
 今日はオープニングイベントということで、きぜはしなかったのでゆっくり見て回ることはできなかったのですが、今度ゆっくり見て回って、お気に入りの木材というのを探してみるのも良いかも。
 ただ、今思うに残念なのは、あまり木の香りの記憶がないこと。
 いろいろな、においに紛れてしまったのか、花粉症の鼻には届かなかったのか、そもそも、加工した木にはさほどにおいがないのか。
 どうなんだろう?