RESAS-APIをPHPでつかってみる curlバージョン


RESAS-APIをPHPでつかってみるのサンプルコードはテストで使った環境がCloud9でデフォルト環境だとcurlがうまく使えなかったのですが、APIなどにfile_get_contents()を使うのはオススメしない理由と代替案とあるように、APIを使えたら curl を使った方がいいらしいので、 curl が使える環境用のサンプルコード

[code language="php"]<?php
$base_url = 'https://opendata.resas-portal.go.jp/’;
$request_url = $base_url . 'api/v1/prefectures’;
$headers = ['X-API-KEY: APIキー’];

$curl = curl_init();

curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER, $headers);
curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, TRUE);

// 都道府県を取得
curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $request_url);
$response = curl_exec($curl);

// 都道府県一覧のJSONを配列に格納
$prefectures = json_decode($response, true)['result’];
// CSV形式で出力
foreach($prefectures as $pref):
echo $pref['prefCode’];
echo ',’;
echo $pref['prefName’];
echo '<br>’;
endforeach;
?>
[/code]

参考:RESAS APIを使ってみる(2)

phpapi, resas

Posted by inqsite