ちょっと京都まで

2017年3月18日

今年になって、長男の大学の関係で京都までなん往復かしたのですが、手続き等に追われて京都に行っても何も見ずに帰ることばかり。
末息子が「金閣寺に行ってみたい」と言っていたので、夏休み中で京都に行ける唯一の日の今日、日帰りでちょっと京都まで行ってきました。
お盆の帰省シーズンと重なるこの時期、渋滞に巻き込まれるのは当たり前、とはいえ、ちょっと早めにこちらを出ればと4時にこちらを出発。
うまくいけば旧名神の一宮辺りが渋滞する前に通過できるか、と思っていたら、まさかの音羽蒲郡~浜松いなさ間が25Kmの渋滞。
音羽蒲郡まで約3時間。
もちろん、そのくらいになると一宮辺りは渋滞。
仕方がないので、伊勢湾岸道を選ぶものの、四日市辺りでも20kmの渋滞にはまって、結局京都に着いたのが11時半くらい。
それでも金閣寺、銀閣寺を廻って16時過ぎ。
最後に18時半まで開いている清水寺に寄って帰宅の途に。
帰り道も渋滞にはまるか、と思っていたのですが、四日市辺りで3km程度の渋滞があったもののあとはスムーズ。
夕飯を取ったり、まめに休憩を挟んでも、4時間半くらいで掛川に戻ってくることができました。
静岡~関西を日帰りでというのは、ちょっときついものの、このところ何回かやっているのでだんだん慣れてきたかも。
四日市~亀山間の新名神が整備されたら、もっと気楽に日帰りで京都、奈良まで行ってこられそう。
それにしても、古都はやっぱり良いですね。
暑くて、ちょっと人が多すぎたけど。
人が多いと言えば、中国 or 韓国の観光客がやたら増えた印象。
25年ほど前、奈良にいたときは外人さんと言えば白人の方がちらほら、だったのに。
あまり変わらない古都の旧跡でも、訪れる人がだんだん変化してきているというのは、おもしろいことです。