安全な”自転車レーン”

2017年3月18日

 自転車に乗らなくなって、もうずいぶん年数が経つ。
 昔は奈良まで2日掛けて自転車で行ったこともあったり、またここ数年サイクリングイベントに関わることが多く、ちょっと自転車に興味が出てはいるのですが、なかなか自転車に乗る生活になれないところ。
 体力的な点と、財政的な点が大きな理由であるのですが、それと自転車に乗るのが「怖い」というのも少し原因になっているのかもしれない。
 以前、自転車で仕事場から自宅まで乗ってみたことがあったのですが、久しぶりに自転車に乗ると意外と怖い。
 車で、道の車線を走るのに馴れてしまっていると、走る場所が曖昧な自転車というのは、車幅ぎりぎりの細い山道を車で走るのと同じくらい、不安。
 自転車ばかり乗っていた頃はそんなことを感じなかったのですが、整備された車道を走ることになれてしまうと、車道と歩道の間で走る場所が曖昧な自転車でさて、どこを走って良いのやらと感じた。
 改めて、そんなことを思ったのは、こんな記事を読んで。
 第18回 事故4割減! 宇都宮市に登場した“安全な”自転車レーン:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-
 ちゃんとした自転車レーンを作って、ちゃんとしたルールで運用しているこんな事例。
 掛川でも、是非こんな取り組みをして欲しいところです。
 そうなったら、自転車に乗る生活、になれるかどうかは・・・ではあるのですが(^^ゞ