NPO総会

2017年3月18日

 NPO法人スローライフ掛川の総会がおこなわれました。
 スローライフ掛川の総会に出席するのも、これが3回目。
 一昨年に、スローライフ掛川の連絡事務所、いわゆる「なだれ込み研究所」に、なだれ込んだのがきっかけで、初年度の掛川ライフスタイルデザインカレッジに参加、昨年からスタッフとしてお手伝いさせていただいて、これで足かけ三年。
 当初は「スローライフ」という言葉から「はやいっこ」に対する「おそいっこ」的な違和感を感じていたのですが、この三年で、自分の中ではその違和感は解決した感じ。
 といって、人に説明するのはまだまだ難しいのですが、総会に来てくださったスローライフ掛川顧問の小松氏の講話&ブログ記事で、あたらめてスローライフ掛川のスローライフってこんなスローライフと再認識。

掛川のスローライフ運動は、ふわふわした「『ゆっくり』の無条件礼賛」ではなく、効率化と便利を用いながら自分たちの役に立つスローを実践するという点で、生涯学習というベースに根ざした確固たる地域活動であるという点で、外の町のスローライフ運動よりもより哲学的なのです。そういう自信を持って良いのだと私は思っています。

 必要以上に早さを求めず、時にゆっくり、でも時には早く、自分の価値観を持って考え、行動する、ということなのかな。
 自分の係わり方は、「哲学的」とは言えそうもないのですが、そんなベースを共有しながら、いろいろな活動をやっているのが楽しかったりします。
 スローライフといいながら、何かと忙しいのですが、。