視線と視点

2017年3月18日

 上から見下ろす。
 斜め上から見下す。
 真っ正面から見る。
 下の方からなめ回すように見る。
 下からまぶしげに見る。
 対象となるものとの位置関係、それから視点によって、いろいろなみかたができる。
 どれが良いとかでなく、いろいろな視点で、いろいろな視線で、いろいろなものを見られたら、何か新しいものが見えてくるのかもしれない。
 と、ちょっと思った。