田園空間博物館、とうもんの里

2017年3月18日

とうもんの里5 この4月にオープンしたばかりの、とうもんの里総合案内所に。

 とうもんの里というのは、そのサイトによると

南遠州(旧大須賀町、旧浅羽町、旧福田町の3町)のエリアを屋根のない博物館としてとうもん(「稲面(とうも)」または「田面(たおも)」に由来するといわれる言葉)の歴史、伝統文化、自然、農業を展示物として保存します。

というものであり、そのための総合案内所がここと言うことらしい。
 田んぼの中に立てられた施設内にはいると、新鮮な野菜などが一杯。


 それからこんな展示スペースも。
とうもんの里4
 奥にみえるドアの外には、展望台。
とうもんの里3
 階段を上がると、田園風景。
とうもんの里2
 残念ながら、まだ田んぼに水が張られる前。
 田植えの時期から、実りの時期までの間の見晴らしは、見応えありそう。
 末息子のちびは、下にみえたビオトープに。
 水車、手押しポンプを実際に使って水を出して楽しそう。
とうもんの里6
 水の中にはメダカがたくさん、見えるかな。
 できたてほやほやといった感じの、この総合案内所。
 これから初夏に向け、周りの風景とともに、内容もどんどん充実してゆきそうな予感。
 ということで、ブログもよろしく。
とうもんの里案内人
 あっ、5月5.6日には、新茶まつりがあるのだとか。
 そちらも、よろしく(^^ゞ