Google Driveサービス開始前、オンラインストレージサービスを整理してみる

24 Apr 2012 - Cotton Wool
Creative Commons License photo credit: S John Davey

以前から噂されていた、googleのオンラインストレージサービス「Google Drive」が発表された。 現時点で私の環境だとまだサービス提供がされていない状態なのですが、サービス開始を待ちながら、現在利用、アカウント取得しているオンラインストレージサービスをまとめておきます。

Dropbox

まずは定番のDropbox。 専用デスクトップアプリで、PC内のフォルダと自動同期が可能。 初期容量は2GBですが、Dropbox 1.3.12で容量アップなどで現在自分の容量は7.63 GB。 プレゼン資料をはじめその他資料の置き場所としてや、利用している知人も多いためデータの共有、公開したいPDFファイルなどの置き場として、けっこう重宝に使っています。

SugarSync

Dropboxに似たサービスで、アプリでPCフォルダと自動同期が可能。同期フォルダは自由に追加できる。 初期5GB+ボーナスストレージで0.75GB もう少しボーナスストレージが増えるはずですが、あまり使っていない。 作業中のファイルフォルダを同期して、バックアップ目的に使うといいかも。

Box

英語のサービスで日本語だと使いづらいところもありますがBox.net日本語化にする方法|iPad3初心者のための使い方入門~new iPad、iPad2、新型iPadも対応~で日本語になります)、無料で50GBのbox.net | 深ノオトで、容量が50GBあるのが魅力。 フォルダの同期はできないのですが、その代わりローカルにファイルを持たなくて済むのが利点か。 iOSのアプリで、音楽ファイルのストリーミングができるので、音楽ファイル置き場として使うといいかも。

skydrive

マイクロソフトのオンラインストレージサービス。
Microsoft、新しいSkyDriveを公開 | パソコン | マイナビニュース
のように、24日に仕様が変わって初期容量7GBとなってしまったが、以前からのユーザーは手続きをすれば25GBの容量を確保できる。 仕様変更後、PCフォルダとの同期ができるようになったとのことなので、容量の大きいDropbox的に使えるかも。

iCloud

iOS用のクラウドサービス。 iPhone・ipadとの同期など。 なぜか仕事場のPCだと、iCroudコントロールパネルからサインインができなく、今ひとつ使えていないが、iOSデバイス間で使うには一番楽かも。

 

一時、オンラインストレージサービスをいろいろ試してみたので、いろいろアカウントはあるものの、実質現状で使っているのはDropboxのみという状況。 Google Driveがサービスインされたら、あわせて使い方を考え直してみたいところです。