掛川PAに潜入

2017年3月18日


新東名高速道路が昨日開通して、早速走ってきたとか、パーキングエリアにいってきたとかの投稿がFacebookやTwitterでちらほらと。
自分もムズムズして、掛川パーキングエリアまで、いってきました。
いってきたといっても、新東名は使わずに。
ご存じの方も多いと思いますが、高速道路のPA・SAの一部には
ぷらっとパーク
というサービス(パーキング)エリア周辺のお客様が、一般道からでもご利用いただけるように出入口付近を整備しているものがあります。
有名なところでは富士川サービスエリアにはぷらっとパークの駐車場が66台分ありますが、近くの小笠PAにも、上り9台・下り8台分のぷらっとパークがあったりします。
新東名のSA・PAのほとんどにはこのぷらっとパークが整備されているらしく、掛川PAには上り32台・下り15台が整備されているということで、今回掛川PA下りのぷらっとパークを利用して掛川PAに潜入してきました。
このぷらっとパーク、意外と知られていないようで知っている人も多いようで、昼頃に行ってみるとすでに駐車待ちの車が何台か。
並んで待つこと小半時間、やっとぷらっとパークの駐車場が空いて掛川PA下りに。
掛川PAの下りぷらっとパークは駐車台数15台となっているのですが、入ってみるとざっと50台分くらいの終車スペースがあるような。
たぶん、しばらくはPAスタッフ用の駐車スペースを一般に開放しているような感じ。
おかげさまで、それほど待たずに駐車。
昼飯時と言うことで、まずはフードコートに。

↑掛川市章をあしらった壁が良い感じ。掘りごたつ的な席もあったり。
掛川PA下りのフードコートには、「そば処 吉野家」、「石焼ビビンパ」、「PETERPAN(ピーターパン)」それから、「はなまる」
自分は吉野家のそば処に興味があったのですが、どうやら一番人気のようで行列ができていて、一緒に行ったかみさんが興味があった石焼ビビンパはその次くらい。
「はなまる」はセルフなので回転が速そうだったのですが、ちょうど空いた席の目の前がPETERPAN(ピーターパン)だったので、こちらのラーメンを昼食に。
こちらのメニューには「掛川茶ラーメン」というのがあって目を引いたのですが、それはかみさんにゆずってラーメン+小チャーハンに。

↑左が「掛川茶ラーメン」右が普通のラーメン。小チャーハンはこのあと届く。
さくっと小腹を膨らませたあと、PA内の探索に。
まずは売店。
掛川遠州屋という名前が前面に出ていて、おやっと思ったのですが

↑農産物も売っていたり


栄醤油もあったり

↑うーん写真だとわかりづらい。掛川茶を始め県内の産地別のおちゃがあったり

↑こんなところにも、ぽんちゃんだったり掛川ポテチだったり
それから新東名PAのなかで唯一掛川PAでもうけられた、「ドライバーズ・スポット」

静岡県人おなじみの、天神屋運営。
しぞーかおでんと、おにぎり・お弁当の販売にとどまらず、コインシャワールーム(200円/10分)・コインランドリー(洗濯機200円/回、乾燥機100円/30分)・リフレッシュ・コーナー(500円/3時間)・マッサージ機(200円/10分)
弁当屋さんがなんで?と一瞬思ったのですが、天神屋と、吸収されたあさひやは、県内の一般国道の「ドライブイン」として認知されていた。
ドライブインが、道の駅や、PA・SAと名前が変わっても、この分野、がんばってもらいたいなぁ。
今回、掛川PA下りに潜入してみましたが、掛川PA上り、それから遠州森町PA上り下りと、いずれも一般道からも利用できる施設。
また、他の施設にも潜入してみたいところです