サイトのスクリーンショットを表示してくれるBrowser Shots

2013年1月23日

[browser-shot url="https://www.inqsite.net/weblog/" width="640″]

2013年も確実にお世話になる素晴らしいWordPressおすすめプラグイン40個 | room402.bizをざらって見ていて、気になったのが、

Browser Shots

入力したURL先のスクリーンショットを撮って、表示してくれるプラグイン。
ただリンクを貼るよりも華やかになって重宝しています。

例えばこの記事ですが、WordPressテーマを紹介していくのにBrowser Shotsを使用しています。
自分でデモサイトのスクリーンショットを撮って、サイズを調整して、アップロードして…という手間が無くて、とても楽でした。

WordPress › Browser Shots « WordPress Plugins

こんな記事や、こんな記事
を書くときにはFastStone Screen Captureでキャプチャーして、保存。
それをWordpressにアップロードとそれなりの手間が掛かっていたのですが、ショートコードを書くだけで記事内にスクリーンキャプチャーを入れられるのは、便利かも。

ただ察するに、ページにアクセスされるたびキャプチャーされる側にアクセスして、画像を生成している感じ。
相手側と、それからこちら側のサーバーの負荷はけっこうありそう。
記事を書いた時点でのスクリーンショットを保存して、それを表示させるような仕組みの方が良さそうな気がするのですが。
そんな、プラグインはないですかね。

追記:
本日このブログのテンプレート変更をしたのですが、Browser Shotsでのこのブログのスクリーンショットには変更がない様子。
また、テンプレート変更後の記事に同じくこのブログのスクリーンショットをBrowser Shotsを使って載せたのですが、これもまた同じ画像。
ということで、「ページにアクセスされるたびキャプチャーされる側にアクセスして、画像を生成している」というわけではないようです。