ホームページの効果も、作り方によっていろいろ

2017年3月18日


掛川茶が通販で買える掛川市内のサイトまとめを元に、ネットでどうしたら掛川茶が売れるかということの考察をホームページが無くても掛川茶の注文が来る・・・かもネットの力を無料で活用する方法で、まずはじめの一歩として書いてみた。
もっとも、どちらも、ネット活用の入門編としてしての記事であり、運がよければ注文が舞い込むかもという、付け焼き刃的で、泥縄な方法でしかない。
本気でネットを商売に役立てようと思うのならば、ネット上で自らの情報を発信する「場」は必須であり、その「場」としてのホームページは、ネット上での顔としてとても大切である。
そしてホームページの作り方によって、「掛川茶」取り扱いホームページの中でも効果が大きいところ、少ないところの違いがあるだろうというのは、想像に難くないところ。
効果があったホームページとして考えられるのは、うまいタイミングでネット広告を使ったところ。
「掛川茶」で検索したとき、検索結果の上部や右側に広告が出る。
広告なのでもちろん料金がかかるが、今回の場合十分効果があったと思う。
掛川市内のお茶関係者でも出稿しているところが何件か有り、市外の業者の広告ばかりにならなかったのは、よかった。
ネット広告に関しては、Google 広告プログラムへようこそスポンサードサーチ – Yahoo!ビジネスセンターなどからはじめられるので、検討してみても良いかもしれない。
それから「掛川茶 通販」の検索結果 – Yahoo!検索掛川茶 通販 – Google 検索または、「掛川茶」の検索結果 – Yahoo!検索掛川茶 – Google 検索などで検索上位に表示されてるところは、少なくとも今回アクセス数は伸びたはず。
「掛川茶」という検索語に対して、しっかりとしたSEO(検索エンジン最適化)ができているところ。
検索順位に関しては、検索エンジン一括順位チェックツール ランキングチェッカーなどがあるので、ホームページのアドレスとキーワードに「掛川茶」と入力して調査をしてみると現在の検索順位がわかる。
ちなみに、このブログ”http://kakeblo.hamazo.tv/”の場合、Yahoo!では圏外だが、Googleでは32位のようだ。
検索エンジン対策に関してはいろいろと要因があるのだが、検索されたいキーワードに対してしっかりとしたホームページを作るのが第一歩。
たとえば、ホームページのタイトルに「掛川」が入っていない場合「掛川茶」で検索しても順位が低いのだが、そこに「掛川」を入れるだけでも数日から数週間で「掛川茶」での検索順位は上がるので、そのあたりの見直しと修正はしておいた方がよい。
また、ブログは構造的に検索エンジン最適化ができているので、ホームページに合わせてブログを始めて見るのも、一つの手。
ネットでものを売るには、まずネット広告や検索エンジン経由などでアクセスしてもらうのが第一歩。
この機会に、ホームページの見直しをして、この春の新茶の時期に備えてみてはどうだろう。