時代は、検索されることから変わってきている・・・かも

2017年3月18日

 掛川茶現象は、地方の小企業でもネットを活用した効果が端的に表面化した事例と考えています。
 その考察も含めてホームページが無くても掛川茶の注文が来る・・・かもと、ネットの力を無料で活用する方法で、いってみればお試しで、ネットというのを体験できる方法を紹介してみました。
こんなきっかけで、ネットのすごさ、それから面白さを実感してくれて、うまく活用してくれる方が増えたら良いなと、ITの片隅で仕事をしている身としては思っています。
また、ホームページの効果も、作り方によっていろいろで、検索サイト中心である現状のネット状況で、それに対応したホームページ作りが大切なのを再確認。
ただ、ネットの利用はあたりまえで、検索サイトにも素早く対応していると思われるページが、掛川茶現象以降(もしくはその前から)「掛川茶」検索結果上位に増えてきているような感じです。
検索広告に関しては言わずもがな、広告単価が高くなって困っているという市内お茶関係者の話も聞こえてきています。
掛川茶直後は、結構見かけた市内茶関係サイトの広告、こちらのほうも露出が少なくなってきているような。
そう考えると、ネット上でこれまではうまくいっていたように見える検索サイトのアルゴリズムの限界が来ているのかも。
ネットの世界も、だんだんと変わっていているような感じがします。