竹の丸への珍客

2017年3月18日

竹の丸でのんびりしていたら、支配人殿が珍客を連れてきてくださいました。


玉虫
 たまむし?
 玉虫色や、法隆寺の玉虫厨子の、タマムシ。
 生きているタマムシを見るのは多分初めて。
 野生のタマムシだったら間違いなく、初対面です。
 支配人曰く
「ちょっと表に出たらモズが逃げていって、そこにこいつが残っていたんだよ。」
と、モズに食べられかけるところを救出したのだとか。
 支配人も本当のタマムシを見るのは小学生以来、うん十年ぶりなんだとか。
 しばらくはおとなしくしていたのですが、少し時間が経つと元気を取り戻した様子で、飛び立とうとしたり。

 羽だけでなく、羽のしたまで全身が玉虫色なんですね、タマムシ。
 支配人によると、以前も玉虫の羽だけを竹の丸で見かけたことがあるとのこと。
 しっかり探せば、まだまだタマムシが竹の丸あたりには住んでいるのかも知れません。