SLのある公園

2017年3月18日

 ほんと、ひさしぶりに掛川にあるSLがある公園に。
 改めてみてみると、蒸気機関車というのは重量感がある。
 見るだけでなく、実際に乗ったりあちこちさわれたりするのだが、 一つ一つの部品が鋳物でできていて、それぞれがどれも重そう。
 さわれるというものの、さび付いているのか、あえて固めているのか、現役の時のように動かせるわけではないのだが、ガチャガチャとアソビの部分だけでも重い。
 当時の運転手さんは、こんな重いものを操作して機関車を動かしていたのだなと思うと、すごいものだと思う。
 自動車の運転で、パワステが無くてハンドルが重いとか、クラッチが重いとか、そんなレベルではなかったはず。