森林組合ってなに?

2017年3月18日

 森林組合の方とお話をする機会がありました。
 その前にも何度か話をする機会があったのですが、そのときには機会が無くて聞けなかったこと
「森林組合ってなに?」
 農業協同組合いわゆる農協、最近ではJAだったりするのですが、その業務は前職と関係があったこともあって、なんとなく
「こんな仕事をしているところ」
とか、自宅の近くにもあったりする茶業協同組合とかも、なんとなくやっていることがイメージできます。
 イメージはできるのですが、言葉にすると
「同じ生業をする人たちをサポートする組織」
という感じなのでしょうか、良くは解りませんが(^^ゞ
 そういった伝では、森林組合というと
「林業を生業とする人たちをサポートする組織」
なんだろうと思えるのですが、現在林業を生業としている人というのが、どうもイメージできなくて
「森林組合というのは、どんな仕事をしているんですか」
と聞いたら
「木の切り出し、下刈り、植栽をしている」
のだとか。
 田んぼでいえば田植え、管理、稲刈りまでやっているようなもの。
 林業というのが競争力を失い、担い手がいなくなった今、山林を循環させているのは、こういった組織があるから、と言うのを知って、また一つ勉強。