鉄矢先生と駅前で

2017年3月18日

 昼過ぎ、息子の迎えのため掛川の駅前に。
 ずいぶんと早く着きしすぎてしまったので、駅前に車を止め何とはなしにあたりを見ていたら、掛川ではあまり見かけない、大学生らしい一団に目がいった。
 ぼんやりとその学生たちを見るとも無しに見ていたら、その向こうに見た覚えがあるような、ヒゲの男性の姿が目に飛び込んできた。
 あれ?、鉄矢先生?
 掛川ライフスタイルデザインカレッジの6月フォーラム、それから先日の掛川市景観市民講座でお世話になった、東京学芸大学の鉄矢先生ではないか。
 何でこんな所に鉄矢先生?と思いつつ、車を降り近づいてみると、先生も気がついて声をかけてくださった。
 そういえば8月中頃に「ひかりのオブジェを作ろう。」工作教室のため、毎年掛川に来られているのだった。
 ほんの短い時間だったが、思いがけず鉄矢先生と話ができて、たまたまの偶然って言うのもあるんだなぁと。
 ともかく明日は「ひかりのオブジェを作ろう」工作教室が行われる。
 詳細は聞き忘れてしまって、ネット上で調べても見つけることができなかったのだが、例年どおりだと午前午後の2回、商工会議所のホールで開催されるのだろう。
 掛川の冬を彩るひかりのオブジェたち。
 そのいくつかは、こんな夏の一日に、鉄矢先生をはじめとする東京学芸大学の学生さんたちの助けを借りて作られていると思うと、いっそう感慨深いものがある。
 さて、今年は、どんなひかりのオブジェが見られるのだろうか。