ガイドサイクリング モニターツアー、初日の記録

2017年3月18日

土日に行われたスロースタイル・ガイドサイクリング モニターツアーの記録をしておきます。
 ますは掛川市役所に集合そして出発

 線路沿いを掛川駅まで、そして駅から南にまっすぐ。

 東名をくぐるトンネル、通称スローライフトンネルを通ります。

 続いて旧青田のトンネル。今回のルートは多くのトンネルが登場します。

 板沢の小川沿い


 続いて旧大東町との境の昔のトンネル。
 私の高校時代にはこちらの道しかなく、バスも通っていたトンネル。

 そこから途中の道は飛ばして、撮影班はバナナのある小道に。
 ツアーサイクリストたちと大きく離れて待ちかまえていたので一行が来た時には、ルートが間違って無くいことで一安心。

 続いて土井酒造近くの坂道。
 このくらいの坂はまだまだ皆さん元気です。

 城東中の近く。

 そして土方に。
 里山の早春らしい風景の中、ツアーサイクリストたちは走ります

 工業団地の北の端にある、通称トリンプもこもこ?
 さすがの強者サイクリストといえども、もこもこの頂上まで自転車でいけません。
 ここは徒歩で、てっぺんまで。

 工業団地内の広い道を南下し、高天神城の北側を通り過ぎて。

 通称バントンネル、何か食パンみたいな形でしょ。

 ここからまたしても撮影班、途中をはしょって横須賀の町並みまで。

 ここで昼休み。横須賀の懐かしい香りのする食堂で少人数に分かれて昼食です。
 腹はふくれ、横須賀の地元ガイドの三熊の神社の解説も聞きここからは反転、旧掛川市内を目指して北上です。
 西大谷側の川沿いを走ります。


 途中、うっそうとした木のトンネルもあり。

 ちなみにこの方は静岡在住、「自転車文学研究室主催で、作家、サイクリストの白鳥和也氏。
 気持ちよさそう。
 ここから先は上り坂がだんだん厳しく。
 まだ登るのぉ、とかの話し声も。
 
 そして、やっと上り坂のてっぺん、仁丸隧道。

 そこからのくだりは、さすがに早い。

 また土方の川沿いに戻って。

 通称、巨大もこもこ。

 そこから東に行って巨大モコモコの見える峠。

 中内田の小道を北に向かって。

 上内田の地層が見える崖まで。

 そこから次の休憩所、キウイフルーツカントリーに。

 キウイフルーツカントリーでは、自転車でなく、園長の運転するトラクターの荷台に載って、楽しそう。

 キウイ、ミカンをいただいて、充電完了。
 一気に宿泊場所、倉真温泉を目指します。

 その途中、上内田のちっちゃなトンネル。

 そして、また旧青田のトンネルを抜けて、東名をくぐる通称「土管トンネル」

 途中「お茶のかねも」さんに寄って、掛川中心部の鉄砲屋の脇を通って

 掛川北中の裏を通り

 途中またもやはしょって、一日目のゴール、真砂館に到着。

 皆さんお疲れ様でした。
 と、2日目は多分、続く。