エンプティラインぎりぎり

2017年3月18日

 暫定税率とやらが今日で期限切れ、ということで、来月からはガソリンの販売価格が安くなるかも、ということなのですが、今朝、車に乗り込むと、フューエルメーターがエンプティティーラインぎりぎり。
 今日一日、仕事場までの往復くらいはなんとか持つかなとも思ったのですが、明日、すぐガソリンの値下げがある保証もなく、なによりガス欠にびくびくしながら運転するよりは、とガソリンスタンドに。
 といっても、1000円だけの給油というのが、我ながら情けない(^^ゞ
 ところで、暫定税率が無くなることで、リッターあたり22円くらいガソリンの販売価格が安くなったら、1000円分のガソリンというはどう違うのか妄想してみた。
 今給油しているGSのレギュラーガソリンの単価は140円/l。1000円で約7リットル給油できる計算。実際今朝も約7リットル給油してきた。
 これが22円下がったとして、リッターあたり118円。すると1000円で約8.5リットル給油できる。
 その差、約1.5リットル。
 ほぼ自宅から仕事場までの往復に使うガソリンくらいか。
 そう考えると、納得いくような、いかないような。
 まあ、もっとも今まで多分200万リッターくらい、車のガソリンを入れてきたかもと思うと、たかが1.5リッターなのですけどね。