縄を編む

2017年3月18日


 新年に向けて、お宮の飾り付け。
 毎年交替でやっているのですが、今回はうちのところが担当。
 しめ飾りを作って、門松を立て、縄をなってしめ縄とする。
 結構たいへんなのが、縄をなうこと。
 通常は右縄と言って右手を押して縄をなうのですが、しめ縄用の縄は右手を引いてなう、左縄。
 縄自体編むことなどほとんど体験がなく、前回の当番の時にやってみた以来。
 そのときも苦労したのですが、やり方を覚えていられるわけもなく、また今回も一苦労。
 試行錯誤しているうちに、なんとかコツを覚えたかな、といったあたりで終了。
 また次回も、苦労するんだろうな。